Oxfordで、GLP-1を研究していた糖尿病専門医が、肥満治療を考えます。

喘息はかなり治せる

体重を減らすだけでも炎症が抑えられ、喘息などが改善します。
太っていると喘息を合併していることも多いのですが、当院の治療中、ほぼ確実に喘息や花粉症が改善します。

ステロイドが必要なくなることも多く、食欲を刺激するステロイドを使わなくなることでまた体重が減るという好循環(というか悪循環の逆回転)がみられます。この場合、普通に5kg/月ペースで減ります。

状態の悪い人ほど効果があるようで、治療する側が驚かされることも多い今日このごろです。

喘息発作のときは仕方がないですが、漫然とステロイドを使うのではなく、根本的なところを治療すべきでしょう。

Does Obesity Cause Asthma?

肥満と喘息

重藤誠 by
しげとう・まこと●医学博士。日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会認定糖尿病専門医。亀田総合病院、オックスフォード大学正研究員などを経て、2016年9月に開院。GLP-1に関する論文が国際科学雑誌に掲載されるなど、業績多数。国立滋賀医科大学の客員講師も務めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • シゲトウクリニック