Oxfordで、GLP-1を研究していた糖尿病専門医が、肥満治療を考えます。

やたら広告されているサプリメントは使って大丈夫なのか

HMBというサプリメントが出回っているようなので、幾つか論文を読んでみました。
なんでも、筋肉の分解を抑えて、トレーニングによる筋肉増加量を増やすのだとか。
体重をへらすことは無いので、そもそもダイエットとは関係ありません。

①Beta-hydroxy-beta-methylbutyrate ingestion, Part I: effects on strength and fat free mass.
大学生(37人を3グループ)に週三回の筋トレを8週間やってもらったところ、HMB3gを摂った群で2kgの筋肉量増加が観察されたそうです。ただし、倍の6g摂ると減ってしまっています。この原因は不明とのことでした。

Med Sci Sports Exerc. 2000 Dec;32(12):2109-15.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11128859

単なるプラセボのような気もしますが、量が増えると逆効果というのは毒性っぽくて、あまり気持ちのよい結果ではありません。まあ、理論上、そこまで害があるとは思えない成分ではありますが。
しかし、広告を幾つか見ると、一日量が3g以上のものも多くあり、(効果があると仮定しても)特に薬が効きやすいとされる日本人には逆効果になりうるような製品も見かけました。

②β-Hydroxy-β-methylbutyrate free acid reduces markers of exercise-induced muscle damage and improves recovery in resistance-trained men.
大学生(20人を2グループ)にHMB3gを飲ませて半年間筋トレさせた結果となっています。
筋トレ後の筋破壊を示すCKなどの指標がHMB投与群で下がっているという結果でした。

Br J Nutr. 2013 Aug 28;110(3):538-44.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23286834

しかし、注意すべくは、この研究はMetabolic Technologiesという会社のお金で行われており、HMBはこの会社の製品であるということです。
人数、観察期間とも全く不十分で、製造会社が広告するためにつくった、結果ありきの論文と思われます。
こういったことは、薬品、サプリメントに関しての論文で頻繁にありますので、このHMBもその一つと考えるべきでしょう。

また、日頃から運動しているアスリートには効果が見られなかったという報告もあります。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12629464

いずれにしても、信頼性の低いものばかりで科学的根拠というにはあまりにも弱く、効果をうたうのは薬事法違反スレスレではないかと思います。
テレビに出ているという東大卒の医師が推奨していましたが、名前を検索すると詐欺商品を売ったなどというトラブルを起こしているちょっと怪しげな人でした。

長らく、研究者として批判的な目で論文を読む訓練をしてきた人間から見ると、「詐欺まがいの商品」でしかありません。
騙されないようにしたいものです。

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ
にほんブログ村

重藤誠 by
しげとう・まこと●医学博士。日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会認定糖尿病専門医。亀田総合病院、オックスフォード大学正研究員などを経て、2016年9月に開院。GLP-1に関する論文が国際科学雑誌に掲載されるなど、業績多数。国立滋賀医科大学の客員講師も務めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • シゲトウクリニック