Oxfordで、GLP-1を研究していた糖尿病専門医が、肥満治療を考えます。

【痩せる薬】【非推奨】ロルカセリン(BELVIQ)

相変わらず、サノレックス防風通聖散を使ったことのある人が、よく受診されるのですが、ときどき、かなり特殊なものを使っていた方も見かけます。
そのなかで、比較的みかけるロルカセリンを紹介します。
エーザイが開発した薬で2012年にFDAに肥満治療薬として認可されていますが、日本では認可されていません。
セロトニン2C受容体作動薬に分類され、脳内視床下部に作用して食欲を抑え、体重を減少させる薬です。
1日2回投与の薬ですが、2016年には、1日一回製剤が出たようです。https://www.eisai.co.jp/news/news201652.html
このクラスの薬に、心臓弁膜症などの副作用のため、1997年に販売を禁止、回収になったフェンフルラミンがあります。2001年頃に日本で数千人規模で肝障害が起きたニトロソフェンフルラミンも同系統です。
構造はやはり抗うつ薬に近く、弁膜症に加え、精神への影響も懸念されていましたが、1年間の観察ではプラセボと差は無いようです。
効果としては、1年間で
対照群:   2.16±0.14%(1499人) 
ロルカセリン: 5.81±0.16% (1538人)
と、有意な体重減少を認め、3.6%程の差がみられています。
最近は、あまり研究もされなくなってきているようで、2016年以降の論文はありません。
私としては、はっきりいって、お薦めできません。
一部の美容クリニックでは処方しているようですが、当クリニックで扱う予定はありません。
重藤誠 by
しげとう・まこと●医学博士。日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会認定糖尿病専門医。亀田総合病院、オックスフォード大学正研究員などを経て、2016年9月に開院。GLP-1に関する論文が国際科学雑誌に掲載されるなど、業績多数。国立滋賀医科大学の客員講師も務めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • シゲトウクリニック